ココロクエスト~レベルアップ心理学ブログ~

人生が劇的に変わる『ねこひげ』の心を強くする人生案内

Life is a Game.

人生が劇的に変わる『ねこひげ』の心を強くする人生案内

幸せホルモン【オキシトシン】が分泌する7つのコツ

幸せホルモン【オキシトシン】が分泌する7つのコツ

日々、ストレスを感じている人にとって救世主となるのが幸せホルモンとも呼ばれる「オキシトシン」です。近年、オキシトシンは自律神経を整え、ストレスを退治してくれる強い味方であると、脳科学や医学の世界で注目されているようです。

 

では、そんな「オキシトシン」という幸せ物質は、どのように分泌すればいいのでしょうか。

 

どうも、ねこひげ先生(@dr_catwhisker)です。

今回は幸せホルモンとも呼ばれる「オキシトシン」分泌のコツをご紹介します。どれも簡単な方法なのでお試しください。

 

 

 目次

 

 幸せホルモン「オキシトシン」の効果

 

「オキシトシン」をご存知でしょうか。オキシトシンとは、人間の脳から分泌される脳内物質です。

 

オキシトシンが分泌されることで、幸せな気分を高めるセロトニンや、やる気が出るドーパミンなどのホルモンの分泌を促してくれるようです。また、ストレスを感じたときにオキシトシンが抑制してくれるので、ストレスにも強くなります。

 

では、どのようにすれば、オキシトシンが分泌されるのでしょうか。一般的なところでは、オキシトシンは母親が赤ちゃんを見たり触れたりすることでオキシトシンが出て、母乳の分泌が活発になると言われています。

 

いかにも、オキシトシンが「幸せホルモン」「愛情ホルモン」と呼ばれていることを物語っていますよね。オキシトシンは母親だけに分泌される物質なのかというとそうではありません。

 

妊娠していない女性や男性からも分泌されることがわかっています。今回は、誰にでもできる心がけでオキシトシンを分泌するコツをご紹介します。自分に合う方法でオキシトシンを分泌させて幸せな気持ちになってみてください。

 

オキシトシンが分泌する7つのコツ

ねこひげポイント

①親切をする

人に親切にすることでオキシトシンが分泌されます。ボランティア団体に参加するとか、大金を寄付するとかじゃなくても小さな親切でも効果が期待できます。

 

例えば、電車で席を譲る、コンビニで募金をする、大切な人に花をプレゼントするなど、比較的簡単にできることからやってみましょう。「誰かの役に立った」と思えることで気分も良くなるはずです。

 

②感動する

②感動する

最近、あなたは感動しましたか。感動をすることでもオキシトシンが出てきます。感動的な映画やフィクションを見てみましょう。

 

僕の場合はアニメを見て感動することがあります。今年見たアニメでは『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は最高に感動的な話でした。(Netflixで見れるので見ていない方はぜひ!)

 

いずれにしろ、感動的な物語を見ることでオキシトシンが放出され、幸せな気分になれるので週末にでも映画やドラマなど見てみましょう。

 

③感情を表に出す

感情を素直に表現することでもオキシトシンは分泌されます。感情を押しころすのではなく、感情を表に出してみましょう。

 

例えば、泣くことも感情の一つですが、マイナス感情のため我慢する人がいます。泣きたいときには泣いてもいいのです。むしろ、マイナス感情は溜め込まないで、表に出してしまったほうがいいですよ。

 

④マッサージを受ける

④マッサージを受ける

簡単にできる方法として、「マッサージを受けに行く」ことでもオキシトシンが分泌されます。

 

疲労回復もできて、なおかつオキシトシンも分泌されるのですから、月に1回マッサージを受けに行くことを習慣化してみてはいかがでしょうか。自分へのご褒美としても良い方法です。

 

⑤パートナーと支え合う

オキシトシンが「幸せホルモン」「愛情ホルモン」とも呼ばれているとおり、夫婦や恋人同士が精神的に支え合い、スキンシップをとることでオキシトシンの分泌を促してくれます

 

人に触れることで安心感が得られるのは、実はオキシトシンが関係していたのかもしれません。

 

⑥ハグをする

⑥ハグをする

もし、あなたにパートナーがいればハグをしましょう。ノースカロライナの大学の研究で、ハグをする回数が多いかカップルほどオキシトシン濃度が高く、血圧が安定していて、ストレスも軽減されていたのです。

 

日本人はハグは一般的ではなのですが、気心の知れた友人であればハグをするのもいいのではないでしょうか。

 

⑦ペットをなでる

ハグをできる恋人や親しい友人がいないという人もいるかもしれません。安心してください。ペットをなでることでもオキシトシンが分泌されます。

 

犬や猫をなでることで、血圧が下がってストレスが和らぎ、うつにもなりにくいという研究報告もあります。アニマルセラピーといって心身の健康を維持する方法もあり、動物が持つ癒しの力を侮ってはいけません。

 

愛情を注ぐ相手は人にかぎらず、ペットでも効果があるのです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。現代の生活において、ストレスや不安から完全に逃げ切ることは難しいものです。だからこそ、意識的にオキシトシンを放出させて気分を安定させる必要があります。

 

今回ご紹介した方法で、これならできそうというものを試してみてください。日々のストレスから開放されて癒やしと元気が得られるはずです。

 

今日のクエスト~LevelUpポイント~

●オキシトシンはストレスを軽減する!

●オキシトシンは別名「幸せホルモン」と呼ばれている!

●日常の簡単な心がけでオキシトシンを分泌できる!