ココロクエスト~レベルアップ心理学ブログ~

人生が劇的に変わる『ねこひげ』の心を強くする人生案内

Life is a Game.

人生が劇的に変わる『ねこひげ』の心を強くする人生案内

悲観的な人必見!楽観的になれる3つの楽観思考法

悲観的な人必見!楽観的になれる3つの楽観思考法

悲観的か楽観的かと言われたら、あなたはどちらでしょうか。もし、楽観的思考であるという人は、今回の記事は読まなくても問題ありません。悲観的だという人はぜひ読んでみてください。少し楽観的な思考を取り入れたほうが人生が有意義になると思います。

 

どうも、ねこひげ先生(@dr_catwhisker)です。

今回は、悲観的なあなたが楽観的思考になるための思考法をお伝えします。脱悲観主義を目指しましょう。 
 

 目次

悲観的になりすぎると挑戦しない人生で終わる

 

あなたは悲観的な性格でしょうか。例えば、何か新しいことを始めようとするときに「どうせ失敗するだろうな」「自分には才能がないから」とか、人間関係でも「たぶん私は嫌われている」「友達なんてできない」など、悲観的に思っていませんか。

 

悲観的なのが全くダメとは思いません。悲観的だからこそのメリットもあると思います。ただ、今回お伝えしたいのは、悲観的すぎることが原因で「挑戦しない人生」になる可能性があるということです。

 

「どうせ失敗する」「どうせ嫌われている」という理由で、新しいことに挑戦もせず、好きな人にアプローチも諦めてしまい、もしかすると叶った夢や目的も自らの思考で逃している可能性があります。

 

悲観的な思考の人は、少しばかり楽観的な思考を取り入れてみてはいかがでしょうか。そのためには楽観的な思考のコツがあります。今回の記事は、もともと楽観的な思考の人にとっては無意味な内容になるかもしれませんが、もしあなたが悲観的性格で悩んでいるとしたら、価値ある考え方になるはずです。

 

①内的要因と外的要因 

①内的要因と外的要因 

成功したときは内的要因

成功したときに「これは周りの人のおかげです」「自分は運が良かっただだけです」と言ったりしていませんか。

 

これは日本人に多い謙遜でもあるのですが、成功したときに「自分の力ではない、周りの人のおかげ」という風に思うのではなく、「これは自分が頑張ったからだ」と思いましょう。これが「内的要因」ということです。

 

楽観的な人ほどは成功した原因は、内的要因である自分の能力や努力にあると考えます。これを日々の小さな成功体験から日常的に繰り返すことで自己肯定感が高くなります。

 

失敗したときは外的要因

逆に、失敗したときは「たまたま運が悪かった」「環境がよくなかった」など外的要因にすることもありだと思います。

 

「えっそれって失敗を人のせいや環境のせいにしてるだけじゃないの?」と思われるかもしれません。失敗を認めることは大切です。その原因を突き止めていくことも大切です。ただ、すべてを自分のせいにするのはよくありません。

 

今回は悲観的な人が対象です。悲観的な人の多くが失敗したときに「自分の努力が足りなかった」「自分がダメだった」と言います。こうなると、次に挑戦をしなくなってしまうのです。

 

悲観的な人に聞きます。冷静になって考えてみてください。本当に失敗は自分のせいだけですか。外的要因もあるはずです。失敗を100%自分で抱え込まなくていいのです。

 

②持続的思考と一時的思考

②持続的思考と一時的思考

良い出来事は持続的

楽観的思考になるのであれば、良い出来事は持続的なものだと思ってください。ココロクエストの記事でも書いたことある「これ以上幸せを望んだら罰が当たる」と考えてしまうアッパーリミットという現象があります。

 

アッパーリミットが極端に低くなってしまうと、幸せが訪れても「こんなにも幸せになってはダメ」だと無意識に幸せを遠ざけようとします。あなたは幸せになってもいいのです。良い出来語は持続的だと思うようにしましょう。

 

このときにコツがあります。それは工夫をするということです。単に、「幸せになったから、これからも幸せであり続ける」とか「一度成功したから、これからも成功し続ける」という風に考えるのではなく、工夫を取り入れることが大事です。

 

例えば、もし情報発信を目的としていたら、ツイッターで人気者になれたから、次はブログで試してみようなど、成功を工夫しながら持続的にしていくとよいでしょう。

 

悪い出来事は一時的

逆に、悪いことは一時的だと思ってもいいのです。事実、生きているといいこともあれば、悪いことも起きます。よく「止まない雨はない」などと例えられることがありますが、僕もそう思います。

 

アスリートでもスランプがあります。どうあがいても上手くいかないときがあるのです。人はそれを乗り越えて成長していきます。もし、悪い出来事が起きたら、「今は時期じゃない」「準備期間として捉えよう」と思うようにしてみてください。

 

良い出来事は持続的であり、悪い出来事は一時的だという思うことが楽観的になるコツです。

 

③波及解釈と限定解釈

③波及解釈と限定解釈

成功したときは波及解釈

「波及効果」という言葉があります。「波紋が広がっていくように、だんだんと広い範囲に影響を及ぼす」という意味です。

 

この波及を取り入れた思考法が「波及解釈」です。すなわち、もし成功したら他でも成功できるように考えていくことです。

 

例えば、成功している人で健康的な人が多くいます。日々の習慣で体を鍛えることで、メンタルが改善され、仕事もうまくいっている場合があるのです。つまり、体を鍛えたという成功要因が、他にも影響を及ぼし仕事がうまくいったという成功につながるのです。

 

もし、成功したときは、他でも考え方や行動が活かせないか考えてみてください。

失敗したときは限定解釈

失敗したときは限定的にとらえてください。「これで失敗したから、どうせ別のことをしても失敗する」という風に思わないことです。

 

例えば、好きな人に告白してフラれたからといって、世界中の異性から嫌われたわけではありません。ただ、悲観的な人は、フラれたときに「どうせ、この世に自分のことを好きになってくれる人なんていない」と思いがちです。

 

大事なのは「これで失敗したけど、他では成功するかもしれない」と思うことです。好きな人にフラれたとしても、別の異性からは好まれる可能性は充分にあるのです。失敗は限定的に捉えて、次に進めるようにしましょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。もしあなたが悲観的だとしたら、少し楽観的な思考を取り入れることが大事です。人生で、何も挑戦しないままだと最期に後悔すると言われています。悲観的な思考が邪魔をして挑戦を妨げることは往々にしてありえます。

 

楽観的になることで失敗を恐れずに挑戦できるようになります。挑戦した数が多いと、それだけ成功する可能性も高くなります。まずは思考の癖に気づき、今回ご紹介した思考法で考え直してみてはいかがでしょうか。

今日のクエスト~LevelUpポイント~

●成功したときは内的要因、失敗したときは外的要因!

●良い出来事は持続的、悪い出来事は一時的!

●成功したときは波及解釈、失敗したときは限定解釈!