ココロクエスト~レベルアップ心理学ブログ~

恋愛から仕事まで人生でレベル99になるメンタル術

目標は「全体の15%はサボる」ことで達成率が高くなる

f:id:cat-whisker:20170930095247j:plain

 

また、サボちゃった…

 

 

こんな風にダイエットや勉強のために達成したい目標があるにも関わらず「サボってしまって」落ち込んでしまう人もいるでしょう。ただ、予め「サボる日」を作っておいたほうが、目標は達成しやすいという研究結果もあります。

 

今回は、目標達成のためにはあらかじめ「サボる日」を作っておきましょう、というお話です。

 

 

 もくじ

サボる日を作ることでモチベーションが続く

「ダイエットするために毎日30分走る」「資格を取得するために毎日2時間勉強をする」など、目標設定をするときに「毎日、これだけは頑張るぞ」となりがちです。

 

ただ、面白いことには「あらかじめ、サボる日を作っておいたほうが目標が達成しやすい」という研究結果があります。(

 

ポルトガルカトリック大学の実験

これは、ポルトガルカトリック大学の実験で、ダイエットや貯金など何かしら目標をもった64名の参加者を以下のグループにわけました。

 

  • あらかじめ、サボる日を設定するグループ
  • 毎日休まずに努力し続けるグループ 

 

上記のようにグループに分けて、各々が目標(運動や貯金)などにチャレンジしてもらったのですが、「あらかじめ、サボる日を設定した」参加者のほうが成功率が高かったそうです。

 

ダイエットにはチートデイが効果的!

「チートデイ」という言葉を聞いたことある人はいますでしょうか。簡単に説明すると、チートデイとは「ダイエット中にいっぱい食べても良い日」のことす。要は、ダイエットをサボる日ですね。

 

例えば「週に1回、好きなものを食べもてもいい日」を決めることで、逆に体重が落ちていく効果が見込まれると言われています。

 

このサボる日というのが、ダイエットにかぎらず、貯金や勉強にも応用できるというのが、研究からも実証されています。

 

全体の15%はサボる

じゃあ、どのぐらいサボればいいのか、ということですが、研究者によると「全体の活動量の15%をサボる日に割り当てればよい」と言われています。あまり、サボりすぎてもいけないので、全体の15%ぐらいがよいのです。例えば、行動に移すなら週一日ぐらいを「サボる日」に当てればよいかと思います。

 

サボる日を決めることでモチベーションが維持できます。「あと少し頑張ったら、ご褒美がある」というのは励みになりますよね。

 

最後に

目標達成するために毎日頑張る必要がない、むしろ「サボる日」を作ったほうが達成率が高くなるというのは個人的にも朗報です。僕は、筋トレや勉強などをしていますが、上手に「サボる日」も取り入れるようにしています。

 

サボる日は、好きなものを食べますし、アニメをひたすら見たりもします。こんな自由な日があることで、継続的なモチベーションにもつながります。これは身をもって実感しています。もし、「目標を立てても挫折しがち…」というは、上手にサボる日を取り入れてみてはいかがでしょうか。

今日のクエスト~LevelUpポイント~

 

サボる日があったほうが目標達成しやすくなる!

上手に週一日サボる日をつくろう!