ココロクエスト~レベルアップ心理学ブログ~

恋愛から仕事まで人生でレベル99になるメンタル術

Life is a Game.

恋愛から仕事まで人生でレベル99になるメンタル術

痩せるには?これならできる簡単な心理習慣ダイエット10個

痩せるには?これならできる簡単な心理習慣ダイエット11つ

人生の中で、多くの人が一度はダイエットに挑戦したことがあることでしょう。それほど、現代においてダイエットは注目されたテーマとも言えます。

 

「もっと効率的に痩せる方法はないのか」「もっと楽して痩せる方法はないのか」ダイエットに挑んだことがある人なら一度は考えたことがあることでしょう。

 

そこで今回はダイエットに効果的な心理テクニックを中心にご紹介したいと思います。

もくじ

痩せたいの痩せられない

「あれ?太ってしまった…」というほど、少し油断したら太ってしまう人がいます。太らないためには「日々の習慣」が大切です。しかも少し意識すれば良いことです。

 

そんな今回は太りにくくするための心理習慣をご紹介します。

 

ダイエットに効果的な心理習慣10個

 ①ゆっくり食べよう!

よく噛んでゆっくりと食べた方が消費カロリーが多く、太りにくいという研究結果があります。食事を早く食べている人に比べて、時間をかけてゆっくりと食べている人の方が消費カロリーが多く、ダイエット効果があるのです。

 

②細長いグラスで飲む!

コーネル大学が198人の学生に行った別の調査では、背の高い細いグラスと比べて、背の低いずんぐりとしたグラスの方が、知らずにお酒を多く注いでしまうと判明してしまいます。ダイエットのために、広口の背の低いグラスはやめて、細長いグラスで飲むことをお勧めします。

 

③美味しいものは視界から遠ざけよう!

美味しいものは視界から遠ざけるだけで、消費量を減らすことができます。美味しいものは、すぐには手が出せない届きにくい場所、例えば戸棚の上などに遠ざけてしまいましょう。

 

④小さな食器が良い!

大きめの食器で食べていたりしませんか?心理的には小さい食器によって食事量が自然と減っていきます。さらに、小さいフォークなどで食べるスピードが遅くなることで、食事量が減らすことができるようになるのです。

 

⑤ブルー系の食器が良い!

青色には、実は、「消化器の働きを抑制する」「食欲を抑制する」という色彩効果があります。青を目にしながら食事を摂ることで、いつもより食欲を抑えることが出来ます。

⑥食事日記をつけよう!

食べたものを「メモする」ことがダイエットにつながることがわかっています。数年前に、、岡田斗司夫さんの著書いつまでもデブと思うなよ (新潮新書)で紹介されたダイエット法でレコーディング・ダイエットというものがあります。日々摂取する食物とそのカロリーを記録することで、自分が摂取しているカロリー、食事の内容、間食などを自覚し、食生活の改善につなげるというものです。

 

⑦普段の行動を「痩せる行為」と意識する!

心理学者ケリー・マクゴニガル(スタンフォード大学)によると人は思い込むだけで痩せるといいます。

 

アメリカ ハーバード大学の実験で、あるホテルのぽっちゃりな女性客室係に自分たちの普段の客室掃除の仕事が立派な運動であることを教えて、4週間後、仕事内容は全く変えていないけど、体重と体脂肪率が減少したのです。

 

つまり、普段の行動がカロリー消費しているということを意識しただけで、ダイエットに繋がったということがわかります。

  

⑧ 小さな袋入りは逆効果

ダイエットパックは、それだけで安心してしまい、自制心を働かせる必要はないと感じて、結局沢山食べてしまうのです。逆効果なので注意が必要です。

 

⑨好きものをトイレに貼るだけダイエット

これは少しハードルが高い方法です。好きな食べ物をトイレに貼るだけで、その食べ物にトイレのイメージついてしまい、「食べたい」という気持ちが減退してしまします。

 

⑩心配事があるときは食べ物に近づかない

悩みがあるとき、不安なとき、人は食べることでそれらを解消しようとします。つまり、食でストレスを解消しようとするのです。だからこそ、心配事やストレスが溜まったときは、食べ物には近づかないで、違う方法で心配事やストレスを解消するようにしましょう。

 

最後に

痩せたいと思う人は、日々の食生活を見直す必要があります。今回、ご紹介したのは心理的に太りにくくさせてくれる方法ばかりです。

 

すべてを実践する必要はありませんが、これならできそうだなという方法は、試しに実践してみてはいかがでしょうか。

 

今日のクエスト~LevelUpポイント~

  • 日々の習慣に気をつける!
  • 食生活を見直す!!

To be continued…