ココロクエスト~レベルアップ心理学ブログ~

恋愛から仕事まで人生でレベル99になるメンタル術

どうにもならないことで悩むのをやめる

f:id:cat-whisker:20170718185725j:plain

 

人生には「変えられること」と「変えられないこと」があります。多くの人が「変えられないこと」にとらわれて悩みます。今回は「どうにもならないことで悩むことをやめる」と心が楽になるというお話です。

 

今の自分の悩みと照らし合わせながら読んでみてください。何かヒントが見つかるかもしれません。

 もくじ

自分に起こる出来事を全て思い通りにはできない

今、直面している出来事は自分でコントロール可能化のことでしょうか。多くの人が「変えられること」と「変えられないこと」を混合して考えてしまいます。まずはコントロール可能かどうかを区別してみましょう。

 

そこで「自分に起こる出来事のすべては思い通りにならない」ということを受け止めましょう。むやみに悩んでしまう原因の一つに「変えられないこと」にとらわれ多くの時間とエネルギーを注いでいる場合があります。

 

思い通りにならないことを手放していくのです。一つひとつ手放していくことで、自分でなんとかできることに時間とエネルギーを注げるようになります。これは本当に合理的で心が楽になる考え方です。

 

変えられないことに悩む問題点

不安が大きくなる

悩む時間が長くなればなるほど不安が大きくなっていきます。どうにもならないことなのですから、そもそも解決策がないに等しいのです。解決策がないことを、くよくよ悩んでいたら不安が大きくなるも当然です。

 

時間とエネルギーのムダ

不安や悩みというのは心労に悪いです。ストレスも溜まります。時間とエネルギーの無駄遣いです。例えば、嫌いな相手の性格って変えるのは容易じゃないですよね。相手を思い通りに動かそうと説得を試みたりするほど、くたくたになります。つまり、時間とエネルギーもムダです。

 

自分を責めてしまう癖がつく

「自分がコントロールできないのが悪い…」「自分で悩みを解決できないのが悪い…」と自分を責めてしまう原因にもなります。人生が思い通りにいかないのは、けっしてあなた一人の問題ではありません。

 

どうせ悩むなら「自分でなんとかできること」で悩もう

変えられないことにとらわれるのではなく、変えられることに目を向けることが大切です。「自分でなんとかできること」に心を注げば、思い通りにならないことでくよくよしなくなります。考え方はシンプルで自分にできることをやるのです。

 

どうせ悩むなら「自分でなんとかできること」で悩みましょう。

 

最後に

世の中には自分一人ではどうにもならないことがあります。そこばかりに時間とエネルギーを注いでいたら身動きがとれなくなります。複雑になっている悩みを、ちょっとシンプルにして「自分で何とかできる問題の解決に、心を注ぐこと」が大切です。

  

今日のクエスト~LevelUpポイント~

  • 人生、自分一人ではどうにもならないことがある!
  • 自分で何とかできないことで悩まない!
  • 自分で何とかできることで悩む!

To be continued…