ココロクエスト~レベルアップ心理学ブログ~

恋愛から仕事まで人生でレベル99になるメンタル術

CoCoRo Quest.

恋愛から仕事まで人生でレベル99になるメンタル術

幸せホルモン(セロトニン)を出す3つの食べ方

幸せホルモン(セロトニン)を出す3つの食べ方

 毎日、僕たち生きていくのに欠かせないのが「食事」です。あなたはどのような食べ方をしていますか?例えば、家族と、一人で、仕事をしながら…。それぞれ日頃の食べ方があると思います。

 

よく何を食べるとよいかという内容がありますが、今回は「食べ方」に注目して書いてみたいと思います。食べ方一つで幸せになる方法があるのです。気になる方は読んでみてくださいね!

 もくじ

幸せホルモン(セロトニン)って?

セロトニンという言葉を一度は聞いたことがあると思います。セロトニンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれており、心のバランスを整える作用のある神経伝達物質です。

 

もしセロトニンが不足すると気分が落ち込みやすくなったり、イライラしたり、場合によってはうつ病になる要因と言われています。だからこそ、セロトニンを増やして活性化させる必要があります。

 

セロトニンがしっかりと分泌されれば、不安や怒りなどストレスに強くなります。 

幸せホルモン(セロトニン)を出す3つの食べ方

幸せホルモンを分泌するためには日々の生活習慣を見直す必要があります。そこで、今回は「幸せホルモン」を出す3つの食べ方をご紹介します。参考にしてみてください。

 

①太陽光を浴びて食事をする

朝、カーテンを締め切った暗ーい部屋で朝食をとったりしていませんか?実は太陽光とセロトニンは大きな関係性があります。

 

人は太陽光を浴びることで体内時計が整えられセロトニンが生成されやすくなると言われています。だからこそ、朝食は朝日が入る窓際がおすすめです。また、カフェのテラスなんかでオシャレに(太陽光浴びながら)朝食するというのも良いかもしれませんね。

 

②誰かと食事をする

いつも一人でテレビを見ながら、パソコンをしながら、食事をしていませんか?できれば、誰かと一緒に食事する方がセロトニンを分泌するためには良いとされています。

 

実は家族や友人と楽しく会話するだけでも、セロトニンは増えることが分かっています。楽しい会話はよりセロトニンを活性化させてくれます。

 

毎回は難しいかもしれませんので、週に何度か家族や友人と食事をしてみてください。

③よくかんで食べる

一定のリズムを刻む運動をすることでセロトニン神経が活性化されるとされています。実は食事のときの噛む動作(咀嚼:そしゃく)も一定のリズムを刻む動作です。

 

意識的に、よく噛んで食べてみてはいかがでしょうか。よく噛むことは、胃腸での消化吸収がスムーズにもなりますので、おすすめです。

最後に

普段の食べ方を思い返してみていかがでしょうか。いつも一人だなとか、テレビを見ながらだなとか、あまり噛まずに食べてるなとか、人それぞれ思うところがあるかもしれません。

 

その習慣が実はセロトニン(別名:幸せホルモン)を弱らせる乱れた生活習慣だったかもしれません。セロトニンが弱る習慣は、気分が落ち込みやすくなります。

 

意識的にセロトニンを活性化させるように生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。 

今日のクエスト~LevelUpポイント~

  • 太陽光を浴びて食事をする!
  • 誰かと食事をする!
  • よくかんで食べる!

To be continued…