ココロクエスト~レベルアップ心理学ブログ~

恋愛から仕事まで人生でレベル99になるメンタル術

Life is a Game.

恋愛から仕事まで人生でレベル99になるメンタル術

「自分にはそんな能力はない…」インポスター症候群を克服しよう

「自分にはそんな能力はない…」インポスター症候群を克服しよう

 

 
自分にはそんな能力はない…

 

 

仕事などで何か成し遂げたとしても「それは自分の実力じゃない!」「私にはそんなの能力はない!」と自分自身のことを過小評価する人がいます。日本人らしく謙遜のようにも見えますが、実は自分の能力や実績を認められない心理状態に陥っている場合があります。

 

今回は「インポスター症候群」について書きたいと思います。もし自分の能力を過小評価しがちかもという人は参考にして読んでみてください。

 

 

 もくじ

インポスター症候群に陥る人たち

インポスター症候群という心理状態があります。「インポスター」とは〝impostor〟(英:詐欺師)を表すもので「自分は実力もないペテン師だと思い込み、能力のなさがバレることを恐れる」という心理的特徴があります。

 

仕事で成功したときに、周囲は褒めてくれるのに「自分は能力ないよ」と自分を過小評価することはありませんか。

 

実は、このような心理状態はインポスター症候群に陥っている可能性があります。また、男性よりも女性に多いと言われているのも特徴の一つです。

1978年に心理学者のポーリーン・クランスとスザンヌ・アイメスが「高業績を収めた女性たちに見られるインポスター現象「The Imposter Phenomenon in High Achieving Women」という論文の中で初めて初めて言及したものだ。

出典:たった2%の“ピッチ”が人生の98%を変える

 このインポスター症候群に陥ると自己不信と不安感に襲われます。自分の成功を受け入れることができず、成功できたことがまぐれだと世間にバレるのは時間の問題だという心理に陥ってしまうのです。

エマ・ワトソンもインポスター症候群に陥っていた?

映画ハリーポッターシリーズでハーマイオニー役を演じたエマ・ワトソンも、実はインポスター症候群に陥ってたことを告白しています。

 

イギリスの日刊紙「THE SU」という記事の中で、エマ・ワトソンは以下のようにコメントしています。

これまでの成功は、全く私の力ではなく、いつか私がペテン師だと気づかれるような気がする。

Emma Watson: I feel inadequate – The Sun

 

インポスター症候群に陥ると心は楽ではありません。自分を過小評価して常にどこか空虚感を感じてしまうからです。

 

もしあなたが下記のようなことに当てはまるとインポスター症候群の可能性があります。チェックしてみてください。

  • いつもネガティブ思考
  • 自信がなくて過度に埋め合わせをする
  • 自分の能力が世間にバレるのが怖い
  • 職場で注目されるのが嫌だ
  • 自分の成功は努力じゃやなく運が良かっただけと思いがち
  • 自分の役職が自分にはもったいないと感じる

このようなことは多少は感じることもあると思いますが、それが毎回だったり過度に自分を過小評価している場合はインポスター症候群の可能性がありますので要注意です。

 

インポスター症候群3つの克服法

①今するべきことに気持ちを集中する

不安になる原因は、過ぎ去った過去のことや、まだ起きてもいない未来のことを考え過ぎている場合があります。今、目の前にあることに集中するようにしてみてください。

 

今に集中できるようになると、無駄に自分の評価を気にしなくなってきます。

②全てを知っている必要はない

あなたが全てを知っている必要はありません。完璧主義な人に多いのですが、自分が知らないことが誰かにバレるのが怖いと感じる傾向にあります。

 

知らないことはあって当たり前です。むしろ「知らいないこと」=「学ぶ余地がある」ということです。見栄をはらず、知らないことを認め、学ぶことに注力すればよいと思います。

③失敗した自分を責めない

失敗したときに自分を責めないようにしましょう。「失敗した…やっぱり自分ダメだ」と自分自身を責めてしまうと余計に落ち込みます。

 

また、日本人に多いのですが「自分なんて…」という謙遜です。褒められときはきちんと受け止めてもよいと思います。わざわざ相手が言ってくれた褒め言葉を受け流したり、否定したりする必要もありません。

最後に

今回は自分を過剰に過小評価する心理状態になるインポスター症候群について書きました。「わかる、わかる」と自分に当てはまる人もいたのではないでしょうか。実は、優秀な人にインポスター症候群に陥った人が多いと言われています。

 

確かに褒めれたときに「いやいや運が良かっただけ…!」とか言いたくなる気持ちもわかります。これは日本人特有のは謙遜なのである程度は仕方ないというか、コミュニケーションの一貫だと思っています。

 

ただ、世の中にはそれが過剰となり、「自分の能力の無さがバレること」に恐れ不安に感じる人もいるのです。こうなってくると、突如生きづらなくります。自分への評価を、あるがまま受け入れて行動に移せるようになれば、症状も軽減できるようになると思います。

今日のクエスト~LevelUpポイント~

●自分に能力がないと思うのはインポスター症候群かも!

●過小評価はほどほどにしよう!

●今、できることに集中しよう!