ココロクエスト~レベルアップ心理学ブログ~

臆病で勇敢なあなたへ『ねこひげ』の心を強くする人生案内

Life is a Game.

臆病で勇敢なあなたへ『ねこひげ』の心を強くする人生案内

上機嫌な人間のところに幸福が訪れやすいって本当?

上機嫌でいる人間のところに幸福が訪れやすいって本当?

どうせなら笑って過ごしたいものです。上機嫌でいる人の印象ってどう感じるでしょうか。幸せに生きているような気がしませんか。逆に誰かに対して悪口や批判を言う人は精神的にも良くなく幸せそうには見えません。

 

どうも、ねこひげ先生(@dr_catwhisker)です。

今回は上機嫌でいる人間に幸福が訪れるって本当なのかどうか書きたいと思います。上機嫌に過ごすためにヒントにしてください。

 

 

 目次

「笑う門には福来たる」は本当らしい 

 

ことわざで「笑う門には福来たる」とあります。笑顔でいる人には幸福が訪れるという意味ですが、実はこれは心理学的から見ても本当かもしれません。

 

上機嫌でいる人はビジネスの場やプライベートの場でも得すると思われます。僕たちが生きていく上で避けて通れないのが対人関係です。どんなにコミュニケーションが苦手と言っても、仕事では人と接することになります。対人関係でも「上機嫌でいる」が重要です。

 

それでは上機嫌でいるメリットを見ていきましょう。

 

笑いでストレスが軽減する

お笑い番組を見よう!

笑いでストレスが軽減する
インディアナ州立大学看護センターの研究によって、笑いによってナチュラルキラー細胞が活性化することが明らかになっています。ナチュラルキラー細胞とは、がん細胞や体内に侵入するウイルスなどを退治してくれる細胞です。

 

Researchers from Indiana State University found that with laughter can boost the immune system by up to 40 per cent. 

出典:Daily Mail Online

インディアナ州立大学看護センターの研究よると、被験者をお笑い番組を見るグループと退屈なビデオを見るグループに分けました。その結果、お笑い番組を見たグループの方がナチュラルキラー細胞が活性化し、体の免疫を40パーセント高くなったのです。

 

確かに、よく笑うご老人は元気なイメージがあります。元気だから笑うのか、笑うから元気なのかは、インディアナ州立大学の研究を踏まえると「笑うから元気」ということになります。

 

余談ですが、最近ボクはネットフリックスで「フラーハウス」という昔NHKで放送されていた「フルハウス」の現代版コメディを見ています。面白くて、さらに健康効果があるのなら、どんどんネットフリックスにハマろうと思います(笑)

 

上機嫌の人ほどお金持ち?

イリノイ大学の心理学教授エド・ディーナーさんの追跡調査によると、上機嫌な人ほど「収入が高くなる」と言われています。調査では、イノリン大学に入学した学生の入学時に行った性格テストにおいて「陽気さ・上機嫌・快活さ」が高い人ほど収入が高くなったということです。

 

この辺はビッグファイブという性格診断でも「誠実さ」や「外向性」が高いとビジネスでも成功しやすいと言われているのにつながりますね。

 

もっと身近なところで考えていみると、仏頂面して愚痴ばかり言う人よりも、上機嫌にしている人に仕事は頼みますよね。つまり、ニコニコしている人には、自然と人が集まってくるということです。人が集まるところに情報も集まります。

 

こう考えると、上機嫌なフリでもニコニコしていたほうがメリットがあります。「笑う門には福来たる」というのは本当なのかもしれません。

 

逆に人の批判はデメリットは大きいかも…

逆に人の批判はデメリットは大きいかも…

人の悪口は批判することも生産的であれば意味があるのかもしれませんが、だいたいが自分の憂さ晴らしが大半なので結局のところ問題解決につながっていません。例えば、誰かを変えようとするときは批判ではなく、問題解決の助言です。そうでなければ批判することはデメリットが多いと思われます。

 

①批判は相手の反感を生む

批判や悪口を言うと、だいたいは相手の反感を生みます。批判や悪口を言われて嬉しいという人は基本的にいません。誰かから常に反感を感じながら生きるというのはメンタル的にも苦しいものがあります。ただ、それは自分が蒔いた種です。

 

②周囲からの評価が下がる

批判や悪口を言う人、不機嫌でいる人のことを「かっこいい!」「ステキな人!」と思うことはまずありません。残念ながら評価は下がってしまいます。さらに、周りにも不平不満を言う人たちが集まっていきます。

 

どのように物事をみるかで気分は変わってきます。不平不満のなかで生きるというのは、それだけ見る対象すべてが批判すべきものと写ってしまうのです。これは楽しいものではありませんね。

 

③精神的にもつらい

誰かに恨まれながら生きたり、周りからの評価もガタ落ちであれば、精神的につらくなります。もちろん、気にならないという人なら大丈夫でしょうが、多くの人は恨まれたり、自分の評価も下がったりするとストレスも溜まってしまいます。

 

批判するという前提で世の中を見る傾向にあるので、批判する対象という枠にすべてを収めようとしてしまいます。目の前のことの幸せも見逃す原因にもなりますね。精神的にもよろしくないのが現実です。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。心理学的には上機嫌でいる方がメリットが高いことがわかっりました。どうせなら感情をコントロールして上機嫌で過ごすようにしたいものですね。ぜひ参考にしてみてください。

今日のクエスト~LevelUpポイント~

●心理学的にも笑っていたほうが幸せ!

●批判や悪口はデメリットが大きい!

●フリでもいいから上機嫌!