ココロクエスト~レベルアップ心理学ブログ~

恋愛から仕事まで人生でレベル99になるメンタル術

CoCoRo Quest.

恋愛から仕事まで人生でレベル99になるメンタル術

デートはピークとエンドが大切!たった2つのことで幸せな印象に!

 

デートはピークとエンドが大切!たった2つのことで幸せな印象に!

男ならデートのときは女性を喜ばせたいと思うもの。女性も大好きな人とのデートは楽しく過ごしていたいものです。

 

そこで、今回はいかにしてデートタイムが楽しくて心に残るものになるのか、書いてみたいと思います^^初めてのデートでドキドキしているという人、最近、彼氏・彼女とのデートがマンネリ化してきたという人は、読んでみてくださいね^^

 

人間の心理を活かせば、デートも最高のもになります! 

あっ!あと最後にちょっとした大切なことも書いてあるので、最後まで読んでくださると嬉しいです♪

もくじ

 

ピーク・エンドの法則 

ピーク・エンドの法則というものをご存知でしょうか?

 

ピーク・エンドの法則とは、ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンが1999年に発表したもので、自分自身の過去の経験を、そのピーク(絶頂)時にどうだったか(嬉しかったか悲しかったか)ならびにそれがどう終わったかだけで判定する、という法則です。

 

ウィキペディアには以下のような実験が記されています。

ある実験では、あるグループの人が大音量の不快な騒音にさらされた。2番目のグループは、1番目の人々と同じ大音量の不快な騒音にさらされたが、その最後に幾分ましな騒音が追加されていた。この2番目のグループのこの騒音聴取の体験の不快さの評価は、1番目のグループの人たちよりも低かった。最初の同一の騒音区間に加え、不快さを抑えた引き延ばされた区間があり、1番目のグループよりさらに不快であったはずであるにも関わらずである。

出典:ピーク・エンドの法則 - Wikipedia

 つまり、簡単に説明すると、人間は「一番盛り上がった時(最高)」と「ものごとの最後」が一番記憶に残るという心理法則のことです。これは最高のデートにするためにも活かせることなのでオススメの法則です。

 

ピーク・エンドの法則で「素敵なデートを満喫しよう!」

①1回でもピーク(最高)な瞬間を作って印象的なデートを!

デート中は、どれだけ「最高!」の瞬間があったかが大切です。少なくても1回でも、できれば2~3回は最高な瞬間があると、印象的なデートとして相手の心に残ります。

 

デート中に「さりげない気遣い」や「ふとした一言」を言ってあげるだけでも、相手から「この人ステキ!」と思ってもらう確率がグッとあがります。まずはどんなに小さなことでもいいのです。「名前で呼んであげる」、「手をギュッと握りしめてあげる」だけでもデート中のピークな最高の瞬間を演出することができます。

 

すべてを完璧にしようとすると上手くいかないもの。1個や2個ぐらいミスがあったとしても「最高のピーク」があれば、お互いにとっても最高のデートタイムになります。

 

②最後が大切!エンドにも気をつけよう!

良いデートだったかそうじゃなかったかは、最後が重要です。心理学でも「ものごとの最後」が一番記憶に残ると書きました。最後に気を抜いてしまっては、これまでのデートも水の泡。

 

男性で、デートの最後の最後に、携帯をいじってしまう、足早に帰ってしまう、見向きもしないなどしてしまえば、女性はおそらくショックを受けるでしょう。

 

これまでのデートが楽しいものであっても、台無しな気分にしてしまいます。最後こそ、気を抜かずに印象的な終わり方をしましょう。

 

例えば、楽しかったことを伝える、笑顔でギュッと抱きしめて「また、この人とデートしたいなぁ」と思わせる事ができれば最高じゃないでしょうか^^

 

最も簡単なのはデートの最後の演出として、印象的な言葉で締めくくることもいいでしょう。

 

最後に

デートで、とにかく重要なのは「ピーク」と「エンド」なのです。

 

男性なら積極的に女性をリードして「ピーク」と「エンド」演出できれば、女性からも“素敵なデートをしてくれる男性”と思ってくれるかもしれません。

 

また、女性も「ピーク」と「エンド」を意識してつくることができれば、おそらく男性からも“かけがえのない女性”と思ってくれるはずです。

 

よきデートライフを楽しんでくださいね!

今日のクエスト~LevelUpポイント~

★相手に好印象を与えるデートをしよう!

★デートで大切なのはピークとエンドの演出!

To be continued…